csr sdgs

メッセージ

csr_01

当社の社訓である「仕事を通じて社会に奉仕をしよう」という理念のもと、社会資本整備の一助を担う建設業の企業として地域貢献に取り組み、CSR活動にも力を入れるようになりました。

具体的には、以下を目標にしています。

  • 地域住民に対しては月1回の清掃活動による地域環境の整備保全
  • 顧客に対しては法令及びマニュアル遵守の上、施工管理し高品質な工事と安全提供
  • 従業員に対しては資格取得支援、新社屋への移動、就業規則改訂による社内環境整備を目指しています。
csr_02

地域住民の皆様から「きれいにしていただいているおかげで、最近はポイ捨ても減ってきたと感じています。大変助かります。」といった感謝のお言葉をいただいています。
それに加えて、神奈川県横浜市西区長様より令和2年7月に「西区の環境行動推進への貢献」に対する表彰もいただいております。

お客様からは、高品質な工事で長年に渡り信頼をお寄せいただき、過去10年で5回「優良工事施工者」として公益財団法人横浜市建築保全公社様より表彰をいただいております。

csr_03

従業員に対しては、事業継続による人的資源の安定化に努めており、知識と経験の豊富なベテラン社員を定年後も継続して再雇用することにより、職業の安定化と若手従業員の技術的指導も担っています。
専門性を有する人材の育成を図るため、積極的に資格取得支援を行い、資格手当支給により技術力の向上と従業員本人のキャリアアップを促進しています。

今後もCSR活動を通じて、地域の美化、顧客満足度向上、従業員の働きやすい環境づくりを目指していきます。

活動報告

CSR活動

2020年9月~2021年8月 

2019年9月~2020年8月 

2019年9月~2020年8月 

地域清掃活動実施日
2017年3月~ 毎月第4土曜日実施
2014年9月~2017年2月 毎月第2土曜日、第4土曜日実施
その他 活動
  • 2021年2月 水源保全活動支援としまして、横浜市水のふるさと同志の森基金へ寄附いたしました。
  • 2021年2月 横浜市の芸術文化活動の支援としまして、公益財団法人横浜市芸術文化振興財団へ寄附いたしました。 
  • 2021年2月 NPO法人エコキャップ推進協会へエコキャップ413個を提供いたしました。累計のキャップをゴミとして焼却した場合のCO2発生量は3.02kgに相当します。
  • 2021年5月 NPO法人エコキャップ推進協会へエコキャップ1,066個を提供いたしました。累計のキャップをゴミとして焼却した場合のCO2発生量は10.84kgに相当します。

当社のその他活動につきましては、新着情報でもご紹介しております。

表彰

認定・認証

ninteimarks_ページ_1
  • 平成30年 横浜型地域貢献企業 〈最上位〉ランク 更新認定
    認定期間:平成30年10月1日~令和4年9月30日
    (新型コロナウイルス感染症対策対応により認定期間1年延期)
  • 令和3年 よこはまグッドバランス賞 認定
    認定期間:令和3年1月1日~令和4年12月31日 
  • 令和3年 横浜健康経営認証 クラスAA 認証
    認定期間:令和3年4月1日~令和5年3月31日
  • 令和3年 横浜市SDGs認証制度
    【標準】「Standard(スタンダード)」 認証
    認定期間:令和3年3月~令和5年3月 
  • 令和3年 神奈川県「かながわSDGsパートナー」登録
    認定期間:2021年5月~2023年5月

一般事業主行動計画

新興電設工業株式会社は、2018年に次世代育成支援対策推進法に基づく行動計画を、
2019年に女性活躍推進法に基づく行動計画を策定いたしました。

健康経営宣言

新興電設工業株式会社は、「健康経営」を実現するため従業員の健康を重要な経営資源と捉え、従業員一人ひとりが心身ともに健康で働き、最大限の能力を発揮できるよう「健康保持・増進」と、「働きやすい職場の環境づくり」「地域社会への貢献」を推進していきます。

令和3年 横浜健康経営認証 クラスAA 認証
認定期間:令和3年4月1日~令和5年3月31日 

SDGsへの取り組み

SDGsとは

2015年9月、国連サミットで採択されたSustainable Development Goals (SDGs=持続可能な開発目標)は、2016年から2030年まで国連加盟193ヵ国が達成を目指す国際目標です。
2018年に当社が本社を構える神奈川県および横浜市が「SDGs未来都市」・「自治体SDGsモデル事業」に選定されました。この理念に賛同し、SDGsに当社も取り組んでまいります。

主な取り組み

神奈川県内の教育施設・公共施設等の電気設備工事や給排水衛生設備工事を通じて、クリーンエネルギーと安全な水とトイレの供給をしています。今後も働きやすい職場づくり、地域貢献に取り組むと同時に、住み続けられるまちづくりにも取り組んでまいります。

01_デジタルロゴ(基本)

>経済的側面
横浜市、神奈川県の経済活性化のため、外注業者、仕入業者は地元企業を優先して採用しています。横浜市内の高校や短大・専門学校・大学卒の学生も積極的に採用しています。

>社会的側面
電気設備工事では省エネルギーを提案し「住み続けられるまちづくり」を目指しています。経営理念では「地域・社会貢献、地元活用志向」を掲げて、地域貢献活動に積極的に取り組み、『横浜型地域貢献企業 最上位認定』を取得しています。その他、多様な人材が活躍できる職場づくりを目指して、定年後の高齢者も活躍しています。また、人権研修を定期的に開催し「人権問題」などの理解を深めています。健康経営と労働環境の整備にも取り組み、『横浜健康経営認証クラスAA』、『よこはまグッドバランス賞』を取得してます。

>環境的側面
給排水衛生設備工事を通して、安全な水とトイレの供給に貢献しています。環境保全のため、定期的な地域清掃活動とリサイクル推進に努め、「横浜市水のふるさと同志の森基金」への寄附も継続して行っています。

—関連するSDGsの目標—

3   すべての人に健康と福祉を
4     質の高い教育をみんなに
5   ジェンダー平等を実現しよう
6   安全な水とトイレを世界中に
7   エネルギーをみんなにそしてクリーンに
8   働きがいも経済成長も
11 住み続けられるまちづくりを
16 平和と公正をすべての人に